水漏れの原因や修理業者の選び方

水漏れの原因や修理業者の選び方 生活の中で水は欠かせないものです。家の中だけではなく、家の外でも水を使う場所はとても多くなっています。水回りは消耗品なので絶対壊れないということはなく、水を使っていればある日突然水漏れが起ってしまうこともあります。水漏れと一言で言っても症状はいくつかあり、すぐに修理が必要なものから、ポタポタと垂れる程度のものまで様々です。中には目に見えず気づかないこともあります。
今回は水漏れが起る原因や、水道 工事、修理についてご紹介します。突然故障しても対応が分かれば慌てることはありません。あまり依頼することがないのでどこに修理依頼をすればいいのか分からない方も多いでしょう。安心して水を使うためにも知識を深めておくことは大切です。

■水漏れの症状とは

水漏れは水を使う場所であればどこでも起こります。よく起こる症状は蛇口を閉めているにも関わらずポタポタと水が出て止まらなくなることです。この症状がひどくなるとポタポタではなく、水が出続けてしまうようになります。
蛇口とシンクの接続部分から少しずつ水が出てくる、シンク下の排水管から水が出ることもあります。シンク下の配管から水が漏れている時は水漏れに気づかず異臭がすることで故障に気づくこともあります。接続部分の故障はキッチンやお風呂、洗面台だけではなく、トイレでも起こりやすいです。トイレと床の接続部分で水が漏れている場合は床にゆっくりと水が出てくることで気づきます。
特に困る症状は勢いよく水が出て止まらなくなってしまうことです。自分で水を止めることができないと、どんどん水が溢れてきて被害が広がってしまいます。このような場合は早急に水道 工事が必要になります。

■水漏れの原因とは
水漏れの原因はいくつかありますが、蛇口から水が漏れているのはパッキンやコマと呼ばれる蛇口内部の部品が消耗して故障してしまったことが原因です。蛇口からポタポタと垂れる程度の水漏れであればすぐに修理を行うことができるので簡単に直すことができます。
キッチンなどで起こりやすいのは吐水口のカートリッジ汚れが原因で水が漏れることです。パッキンを交換しても水が漏れている時はこのような症状が疑われます。カートリッジは水道の水の汚れを取るために設置されていますが、汚れがたくさん出てしまった時や溜まった時に起こりやすいです。自分でフィルターの交換は知識がある人でなければできないでしょう。
トイレの便器と床の接続部分などの水漏れは取り付け工事の不具合や、排水管の故障が原因です。すぐに水道 工事を行わないと床が水浸しになってしまう危険があります。

■修理業者の選び方

水道 工事を行う時に悩んでしまうのが業者選びです。急に起こる故障は対応が早いだけで選んでしまいがちですが、注意しないと高額な請求をされてしまったり、きちんと修理が行われなかったなどのトラブルが起きやすいです。そうならないためにきちんと業者を選ぶようにしましょう。
まずは業者を調べる時に水道局指定工事店かどうかを判断基準にします。これは水道局が地域ごとに給排水の修理を正しく行える業者で、高い技術がある会社に指定を出しています。この指定を受けている業者であればトラブルになることはなく、しっかりと対応してもらえます。
次に24時間対応可能で、年中無休の業者の会社が安心です。すぐに対応してほしい時や、休日や祝日でも駆け付けてもらえるので急いでいる修理の時は安心です。

■まとめ
水回りの故障やトイレリフォームは自分で直すことができず困ってしまいますが、症状や原因を知ることで修理が必要なのか判断することができます。判断に難しい時は相談窓口がある業者を利用すると修理が必要なのかや、応急処置の仕方を教えてもらえることができるので便利で安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース