給湯器 水漏れの修理は必要か

お風呂やシャワー、キッチンなどで給湯器は毎日使用します。給湯器は水を沸かしてお湯にしてくれる道具ですが、蛇口と違ってとても注意が必要です。その理由は機械の中で水を通しながら火を使ってお湯にするからです。この給湯器 水漏れを放置していると漏電や一酸化炭素中毒になってしまうこともあるため、故障かなと思ったら修理業者へすぐに連絡するようにしましょう。

給湯器 水漏れで修理の見極め方

給湯器にはたくさんの管が繋がっています。水が漏れている時はどの管から水が漏れているのかよく観察してみましょう。給湯器には不完全燃焼を防ぐために機械内部の圧を下げれるよう水抜き栓が設置されています。内部の圧が上がると機械が自動で水を出し圧を下げるような作りになっています。この水抜き栓は給水栓の上部分にありますので、給湯器の上部で水漏れが起っている時は故障ではなく、安全のために水が抜かれているだけの可能性があります。
水抜き栓以外から水が漏れている場合や、チョロチョロではなく大量に水が漏れている時は異常ですのですぐに修理が必要です。

■給湯器 水漏れ時の応急処置

給湯器の水漏れは危険なので、まずは事故が起きないよう自分で応急処置を行います。応急処置と言っても自分で給湯器を直すわけではありません。あくまで修理業者が来るまで事故が起きないようにするだけです。
まずは給湯器に接続されている電源プラグを抜きます。こうすることで点火できなくなるので火災を防ぐことができます。水が大量に漏れている時は、止水栓や給水栓を閉めて水が流れないように止めてしまいましょう。給湯器は使用できなくなりますが、危険な状態を防ぐことができるので修理業者の到着を安心して待つことができます。やり方が分からない時は修理業者へ相談すると指示をしてもらえるので、その指示に従って処置を行います。

■まとめ
給湯器は簡単な構造のものもありますが、複雑な構造のものがほとんどです。長期間使用しなかった時や、水道管が凍結してしまった時なども安全に使えるよう水が出る仕組みになっているため、故障や修理が必要かどうかの見極めが難しいです。少しでも迷った時は安全のために修理業者へ連絡し相談するようにしましょう。業者によって対応は違いますが、無料で相談を受け付けている業者もあります。相談後にそのまま修理依頼することもできるのでとても便利です。業者を選ぶ時は相談窓口があるかどうかや、料金を明確に表示しているかどうかで業者を選ぶと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ