給湯器 修理で水漏れの原因

給湯器 修理が必要になった時は業者を呼びます。しかし、給湯器によっては給湯器本体ごとの交換が必要になってしまうこともあります。どのような場合に給湯器の修理、交換が必要なのか、原因ごとに把握しておくと、いざという時に役立ちます。給湯器の温度が保てない、急に温度が下がるなど水漏れ以外のトラブルにも関連しています。

■給湯器 修理が可能な状況とは

給湯器に設置されているホースなどからの水漏れは、ホースが劣化や凍結したことで破損したことにより起こっています。この場合水漏れを起こしているホースなどを交換するだけで直すことができます。ポタポタ垂れる水漏れの場合は、内部のパッキンなどの部品が故障していることが原因のことが多いのでこちらも修理が可能です。
給湯器を取り付けたばかりで水漏れが起っている時は、取り付けに不備があることが原因の場合があるので、正しい取り付けを行うことで水が漏れなくなります。1年から3年の短期間での故障は、取り付けなどに問題がなかったか調べ、保証期間内であれば無料で直すこともできます。

■給湯器 修理ができない状況

給湯器 修理ができない状況として挙げられるのは、給湯器本体が劣化している場合です。給湯器の寿命はメーカーによって違いますが10年から15年と考えられています。この期間を過ぎてしまったものは仮に修理をしてもすぐに水漏れを起こす危険があるため、直さずに本体を交換することになります。10年未満の給湯器であっても使用状況などによって交換が必要な場合もありますので、故障の状態などを聞いて交換するべきか検討するといいでしょう。値段が安いからと修理してもすぐに水漏れを起こすのでは危険ですし、安心して使用することができません。繰り返し故障するようになってきたら交換するべきか相談してみましょう。

■まとめ
給湯器 修理ができずに本体を交換する場合は、どのくらいお湯を使いたいのかということや、お風呂の設備などによって機械が変わってきます。お風呂などが古くなっている時は、給湯器の故障に合わせてリフォームを検討するのも方法の一つです。一度に行った方が安く工事ができるので、お得になる場合もあります。給湯器本体の交換になりそうな時は、修理だけでなく、リフォームも行える業者の方が相談しやすくて便利です。見積もりを見ながら丁寧に作業について説明してくれる業者であれば安心して依頼できるので、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。納得してから作業に入ってもらうことでトラブルを回避できますので、しっかり説明してくれるということは重要なポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ