水漏れ修理と蛇口 交換の目安

水漏れで一番多い症状は蛇口から水が止まらなくなることです。ポタポタ程度の水漏れであれば緊急性がないので修理は不要と思ってしまいがちですが、一度ポタポタと漏れてしまうと直ることはありません。どんどん症状が悪化し、大量の水が出て蛇口 交換になってしまうこともあります。蛇口から水が漏れてしまった時の修理内容や、蛇口 交換になった時の選び方を知っておくといざという時に慌てなくて済みます。

■蛇口の仕組みと水漏れの原因

蛇口は水道管から水を出すための道具です。いろいろなタイプの蛇口がありますが、ハンドルタイプであればハンドルをひねることで蛇口内の栓が上昇し、水圧で蛇口から水が出る仕組みになっています。
蛇口の中にはいろいろな部品が使われていますが、リングやパッキン、ナットなどは使用し続けることで劣化し、蛇口を閉めても栓を下げることができず空回りしてしまいます。こうなってしまうと水を止めることができなくなり、水漏れが起ります。ポタポタと水が出続けるのは、しっかりと栓をすることができないせいです。

■修理や蛇口 交換

蛇口の水漏れを修理するには劣化した部品を交換することで直すことができます。ただし、蛇口の大きさやメーカーによって使われている部品やサイズが違う為どれでも同じ部品を使えるわけではありません。自分で修理を行えない理由は部品のサイズが分からず購入するのに時間がかかってしまうことと、蛇口の構造が解体しないとわからないからです。水漏れ修理は水の出ている量にもよりますが、早急な修理が望ましいです。自分で直し方を調べたり、部品を探して購入している余裕はないことがほとんどです。
蛇口 交換の時期は10年以上使用し、蛇口全体が劣化していることが目安になります。頻繁に水漏れ修理が必要になる場合や、温度調節ができない時は交換の時期でしょう。蛇口にはいくつか種類があり、水又はお湯しか出ない単水栓タイプと、水とお湯の両方を出せる2ハンドル混合栓があります。他にもレバーを上下に動かすことで水を出し、左右に動かすことで温度調節ができるシングルレバー混合栓や、シャワーなどで使われている左右のレバーで温度やシャワーと蛇口で水の出る場所を変えることができるサーモスタット混合栓もあります。使用する場所によって蛇口を選ぶとより便利に使えるようになるでしょう。

■まとめ
蛇口の水漏れは使用する頻度が高いほど、部品が消耗するので起こりやすくなります。できるだけ症状が軽いうちに修理することで蛇口 交換をしなくて済むこともあるため、気づいた時に修理することが大切です。
蛇口 交換はサビが出始めた時も交換の目安になっています。リーズナブルな値段で交換することができる業者もあるので気になる時は相談してみるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ